4月の徳目「合掌聞法」

 ご進級・ご入園、おめでとうございます。皆さまとともに新年度を迎えることができ、大変うれしく存じます。
 和光保育園は、昭和29(1954)年の4月8日「花祭り」の日に、私の祖父母である應善寺おうぜんじ先代住職=松岡義雄と、初代(先々代)園長=松岡きくの手によって生まれました。
 以来、60年以上にわたり、現・元の保護者、園児、理事、職員、行政や地域の人々、その他数多くの方々によって、ここまで育てられてまいりました。

 「和光」という名は「和光同塵わこうどうじん」(光をやわらげ、ちりと同じくす)、「自分だけ偉いと思う傲慢さ(光)をぎらつかせず、みんなと共に社会(塵)の中で生きていこう」という意味です。4月の徳目「合掌聞法」(手を合わせよう。話をよく聞こう)とも通じる謙虚さがあります。

 話を聞いてもらうには、先ず聞いてあげることです。子どもが「ねえ、見て見て!」「この前〇〇したんだよ!」と言ってきた時、大人が「本当!」「すごいねえ!」と肯定すれば、そこから、子どもは人を信頼し、人の話を聞くようになっていくのではないでしょうか。
 私は、乳幼児期がみんな仲良く、安心で、楽しく、物事に没頭でき、またほっとできる日々であってほしい、保育園をそういう場にしたい、と思っております。
 今年度もよろしくお願い申し上げます。

(『園だより』H30=2018年4 月号を基に微修正)

3月の徳目「智慧希望」

 メダルを取った羽生弓弦はにゅうゆづる、小平奈緒、女子パシュートの選手たちや、メダルを取れなかった選手たちが数々の話題を国民に提供する中、芸能に関するやや地味な報道がありました。

 「君と過ごせるこの日々を当たり前だとは思わない」「子どもを寝かしつけた時の安心感。手を握った時、永遠じゃないって思った。終わりが来ると思えば、全てがいとおしい」
 これは、出産・子育てを経て13年ぶりに活動を再開した、かつて朝ドラ『ちゅらさん』の主題歌を歌っていた歌手「キロロ」の言葉です(NHK『おはよう日本』より)。

 そう、全て、ものごとには終わりや別れがあります。
 三月は、進級・卒園の時季です。年長の子は、私たちのもとを離れていきます。年中児以下は、引き続き、居てくれますが、顔・体・心は一年前とは違っています。乳児はほほえましい喃語なんごをしゃべりますね。しかし、それは段々まともな言語に変わっていきます。大人になるということは(外から見て)「かわいらしさ」「面白さ」が減っていくことでもあります。
 また、この時季には、当園の象徴である辛夷こぶしと桜が咲き、そして、散っていきます。正直、さびしいです。しかし、散るからこそ、葉が出て、枝が伸び、実がみのり、木は大きくなっていくのです。「花」という字の中には、「変化」の「化」が入っています。この変化こそが成長なのです。
 保護者の皆さま、この一年間大変ありがとうございました。おかげさまで、当園も、卒園も含め、まもなくこの年度を終えようとしております。来年度も宜しくお願い申し上げます。

(『園だより』H30=2018年3月号より)

2月の徳目「禅定静寂」

 災害のため保育園に泊まることも想定し、私と防災係は、暖房無しの酷寒を、1月20日=大寒だいかんの未明から夜明けに体感たいかんしました。

 前夜(19日)には、地域各界の人々をお招きし、防災の話し合いをしました。発電機でライトをつけ、カセットボンベ・ストーブで暖を取り、カセット・コンロで湯を沸かし、インスタント・コーヒーを飲み、非常用羊羹ようかんなどを食べながらの話し合いは熱を帯び、人と人とのつながりが最大の防災になると感じました。

 その後、22日の大雪、23日以降の低温、水道の凍結、凍結後の水漏れや、それらへの対応と慌ただしい日々が続きました。
 一方、園児たちはいつもできない雪遊びができました。我々は、園から離れた場所の雪かきをしたり、用具を貸し借りしたりして、それまで話す機会の少なかった人とも会話できました。対応のため、先約を日延べして駆けつけてくれた業者さんもありました。

 佛教ぶっきょうの底に流れる思想は、人に対する信頼です。
 およそ2500年前、お釋迦しゃかさまの臨終が近づいた時、弟子たちは、「先生がいなくなったら、闇夜やみよも同前です。私たちは何を頼りに生きていけばよいのですか」と取り乱しました。
 お釋迦さまは答えます。「私きあとは、君たち自身をともしびとし、私の教えを灯としなさい。さすれば、道は照らされる。諸君、引き続き、はげみなさい」。
 2月15日は、お釋迦さまが亡くなった日「涅槃会ねはんえ」です。当園でも、この日を記念して、お参りをします。

(『園だより』H30=2018年2月号を基に微修正)

1月の徳目「和顔愛語」

 新年おめでとうございます。今年は平成(が一年間ある)最後の年。平成最初の年(1989年。天安門事件があった年)を当時滞在していた中国で迎えた私としては、真に感慨深いです。
 昨(2017)年末に、児童養護施設に『タイガー・マスク』の主人公名でランドセルを寄附していた河村正剛さんの活動が前橋市から支援されることになった、との報道がありました。
 河村さんは、幼時に母と死別し、親戚宅を転々とするなか、ランドセルも買ってもらえず、周囲の大人から「なぜ生まれてきたんだ。謝れ」と言われたことまであるそうです。
 ニュースで裁判の報道を見ていると、犯罪の加害者には、家庭環境の良くなかった人が多いです。一方、河村さんのように「脱線」しなかった人たちもまた多くいます。お釋迦しゃかさまも親鸞しんらんさまも、お母さまと乳幼児期に死別しています。
 この違いは何なのか。誰がその人を違う道に導いたのか。それは、親族、施設、地域など周辺の人ではないかと思うのです。保育園児やその保護者は、児童養護施設にかかわる人たちに比べれば恵まれていると思います。しかし、子育てと仕事の両立は大変なことです。そういう皆さんを側面からお助けする存在でなければ、保育園は意味がありません。
 世の中、笑って正月を迎えられる人ばかりではないでしょう。が、正月は先祖が考えてくれたリセットの機会です。自然に笑みが浮かぶのがベストですが、笑みを浮かべると自分も他人も得するからという「打算」でも良いと思います。「和顔愛語」で行きましょう。
 今年もよろしくお願い申し上げます。

(『園だより』H30=2018年1月号を基に微修正)

運慶(うんけい)展を見て

 運慶うんけい一族は結婚する僧侶だった。父康慶こうけいが結婚して運慶が生まれ、運慶自身も結婚して複数の子をもうけた。その一人湛慶たんけいは、親鸞しんらんと同い年だった(1173年生まれ)。
 親鸞の「結婚」という現象は、決して「無から有」のようにいきなり現れたのではなく、僧侶が結婚しつつあるという当時の社会情勢の中から生まれたのである。
 これが「僧侶が結婚する宗派」=浄土真宗を生み、更には、今日にいたるまで、日本佛教ぶっきょう全体に広がったのである。

 運慶たちの傑作の裏には、「一将いっしょう 功成こうなりて、万骨ばんこつ る」のように、他の凡庸な佛師ぶっしたちによる駄作の山が築かれたことだろう。
 平安~鎌倉時代にも、当時なりの競争原理、市場経済はあったはずだ。
 依頼人たちはすぐれた作品を求めて、次々と運慶たちに製作を依頼し、凡庸な佛師たちとは次々に契約をやめていったに違いない。
 同時代の凡庸な佛師たちの中には、運慶たちの作品を見て、自己嫌悪に陥ったり、創作活動を放棄したりした者たちもいたことだろう。そして、その落ちこぼれたちを惹きつけ、救ったのが、「凡夫」「愚禿ぐとく」「悪人」を説く法然、親鸞たちの「念佛ねんぶつ」だったのではないか。

 「極楽浄土に行きたい。地獄はいやだ」という憧れと焦りが、運慶やその依頼人たちを駆り立て、あのような数々の名作を生んだのだろう。
 佛像ぶつぞうを作った運慶たちや作らせた依頼人たちと、「念佛をとなえる」ことのみを主張した同時代人、法然や親鸞たちは、一見180度異なっているようだが、浄土を目標とする点においては、同じ方向を向いていたのである。

(平成29(2017)年11月24日筆を基に微修正)

12月の徳目「忍辱持久」

 今からおよそ2500年前の12月8日、お釋迦しゃかさまはお悟りを開いて佛陀ぶっだとなられ、ここに佛教ぶっきょうの歴史が始まりました。この日を「成道会じょうどうえ」と言います。
 そのお悟りの内容には、「忍辱にんにく持久」(つらいことに耐える)、「四苦八苦」(生老病死はいずれも苦しみ)、「少欲知足」(ちょっと我慢する)などがあります。
 確かに、生きていくことは苦しいことです。しかし、死ぬことも苦しい。どちらか片方がいやだから、もう片方に行けばよいというわけにはいかないのです。
 親鸞しんらんさまの先輩=熊谷直実くまがいなおざねさまは、かつて苦悩のあまり自殺しようとしましたが、その前に、法然ほうねん先生のお話を聞いて思いとどまり、法然門下に入ったあとは、一転、僧侶として充実した日々を過ごしました。
 今社会を震撼しんかんさせている座間の事件を思うと、一番悪いのはもちろん加害者ですが、被害者や国民全般も含めて、社会から佛教の教えが薄らいでいる感じがいたします。
 生きていくと、嫌なこと、悲しいこと、つらいことがいろいろと身の上に降りかかってきます。それらに振り回されない静かで強い心が、お釋迦さまの説いた「忍辱持久」です。
 切れず、くさらず、優しい心を持ち、穏やかに明るく話す子・人には、他の子・人たちが寄りそってきます。それは、幸せの第一歩でしょう。
 お釋迦さまの生き方やお言葉を、かすかいなかは我々一人一人にかかっています。
 成道会、みんなで楽しく、お祝いいたしましょう。

(『園だより』H29=2017年12月号より)

11月の徳目「精進努力」

 11月には、ほとけさまと先人たちへの「報恩ほうおん感謝」を説いた親鸞しんらんさま(1263年旧暦11月28日御往生ごおうじょう)のご恩に報いる催し「報恩講」があります。親鸞さまは、29歳で、20年間生活した延暦寺えんりゃくじ を飛び出して、法然ほうねん先生に入門した後、兄弟弟子でしが数百人いたなか、先生の御著書と肖像画の書写を許される数人に入りました。学業と美術の土台がしっかりと出来ていたためと推量されます。鎌倉時代に90歳まで生きられたことから、体育面の基礎も成っていたのでしょう。9歳以前は母子家庭でしたが、家庭教育もきちんとしていたと思われます。
 ひるがえって保育園を見ますと、乳幼児期はまさに基礎を作る時期です。今月は、年度始めからも年度末からも遠く、園児たちも園生活にすっかり慣れている季節ですが、一日の園生活の流れをつかむ、言葉による伝達ができるようにする、大人の話をしっかり聞く、新しいことに挑戦して出来るようになる、あきらめずに最後までものごとをやり遂げる、集中して課業を務めるなど、0歳児から5歳児まで、努めることはいろいろあります。
 先月の懇談会では、特に、0、1歳児のクラスで、「保育園では行儀が良いようですが、うちでは違うんです」という声が聞かれました。これは、プラス思考に立てば、「我が子はそういう良い要素を持っているんだ」ということになります。小さい子どもにも、それなりに「公私の別」を使い分ける知能が育ってきた、とも言えます。
 11月はいわば、地味な月ですが、「慣れ」が「だれ」にならないよう精進努力してまいりますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

(『園だより』H29=2017年11月号より)

9月の徳目「報恩感謝」

 蒸し暑い夏でした。途中、梅雨のような雨も続いた少し変な夏でもありました。この間、社会では、いろいろな交通事故や水の事故、特に埼玉の保育園でのプール事故なども起こりました。我々生き残った者たちは、そこから教訓を汲みあげなければならないでしょう。
 今月の徳目は「報恩感謝」。社会や自然の恩に感謝しよう、という意味です。人は一人では生きていけません。色々な要素が自分の身に働いてくれていて、生存しているのです。
 おかげさまで、当園では、子どもたちがまた集まってきて、楽しそうに遊んでいます。
 乳児たちは、はいはいしていた子が走り、喃語なんごだった子がしゃべるようになっています。幼児たちは、盆踊りのふりも、様になってきました。親子で楽しむ運動会も近づいています。
 今月、敬老のつどいでは、お客さんがたがこのお年まで生きてこられた有難さを示してくださることでしょう。また、お彼岸は、ご先祖に我々が存在していることを感謝する日です。
 人はみな、母親の一つの細胞と父親の一つの細胞が合体して、その後、細胞分裂して、今、成り立っています。つまり、我々の体というのは、先祖から受け継いできたものなのです。
 保護者の皆さん、この夏も、仕事に子育てにご苦労さまでした。「報恩感謝」の「報」は、左の「幸」が手かせを表し、右には「服従」の「服」と同じものがあります。そう、職業と子どもを持つことができた人に、労働と子育ては、選択の余地が無い、嬉しい悲鳴なのです。
 就職する前、懐妊する前の気持ちを思いだし、授かった現状に感謝して、また、この現状と取り組みながら、日々、過ごしていきましょう。

 (『園だより』H29=2017年9 月号より)

7月の徳目「布施奉仕」・8月の徳目「自利利他」

 夏です。子どもたちお楽しみの水遊びの季節でもあります。この時季には、七夕の集い、夏のお楽しみ会、お盆お参り、平和の日のお参りなどもあります。
 保育園はスイミング・スクールではないので、水泳技術的なことはあまり教えませんが、身支度、ルール、後始末など、することは多いです。そして、こうした決まりごとをきちんと行なうと、自他ともに楽しい時間を過ごせるのだということが身をもって学べます。
 毎年、第二次大戦が終わった8月15日前後に「平和の日のお参り」を行なうのは、創業者 松岡義雄・きく夫妻以来の伝統です。戦争は、我々われわれ一人一人の心の中にあるがままや欲ばりが究極にまでふくれあがった時、起こるものです。常日ごろから「人のいやがることはやめよう」「人の物を取ってはいけない」という素朴な実践を積み重ねていきましょう。
 7月の徳目「布施奉仕」(すすんで、人のためになることをする)も、8月の徳目「自利利他」(本当に善いことは、自分のためにも他人のためにもなる)も、人々の永年の経験から生まれた智慧ちえと言えましょう。
 保護者の皆さん、日ごろのお仕事・子育てお疲れさまです。夏には、まとまった休みが取れますね。
 当園の近くのコーヒーの自販機に「お疲れ、おれたち」というフレーズが見えます。皆さんも、時にはご自分をねぎらってください。家族みんなで、行楽のルールを守って、ヒヤリハットやそれ以上のことなど起こすことなく、この時季を楽しもうではありませんか。

(『園だより』H29=2017年7・8 月号より)

6月の徳目「生命尊重」

 子どもたち、特に小さい子ほど、触れ合い遊びが大好きです。言葉を話せない赤ちゃんですが、肌が直接接するところから、自他の生命の存在を感じるのでしょう。
 親子、友だち、更には、動植物にいたるまで、いろいろな触れ合いを通すなかから、生命の不思議さ、素晴らしさ、おもしろさ、はかなさを子どもたちは学んでいきます。
 生命というのは、厳しいものでもあります。私たちは、他の動植物の生命をいただかなければ、みずからの生命をつなげない存在です。肉、野菜はもちろん、皮革、木製品、紙なども、もとをたどれば、みな私たち人間が取ってきた生命です。
 先月、降誕会ごうたんえ親鸞しんらんさまの誕生日)の紙芝居を見終わったあと、子どもたちからは、なぜその頃(源平げんぺいの争いの時代)は戦争が多かったのか、なぜ親鸞さまのお父さまはどこかに行ってしまったのかという感想が聞かれました。
 歴史や宗教の高度な知識を持つ彼らではありませんが、どこか、いやだ、可哀想かわいそうと思ったのです。そして、このいやだ、可哀想と思う気持ちこそが大切であり、この気持ちをしっかり守り、育てていけば、子どもたちは、やがて、人権を守り、平和を築ける人となるのです。
 親鸞さまの教えを継ぐ寺々の中から應善寺が生まれ、親鸞さまのお誕生からおよそ800年後、應善寺おうぜんじから和光保育園が誕生しました(1954年)。
 「生命尊重」は先代、先々代より引き継いだ当園の根っこです。皆さまのおかげで、今年も創立記念日を迎えることができました。今後もよろしくお願い申しあげます。

(『園だより』H29=2017年6月号より)