今月の徳目は「持戒和合」です。
 ただ、「持戒」(決まりを守る)はあくまでも「和合」(みんな仲良くする)のための手段です。この一線を忘れますと、「決まりを守れ」は、子どもたちに、ただ、やかましく、時には怖いものになってしまい、「仲良く」という肝腎かんじんな目的が達成できません。
 「持戒」のための「持戒」にならないよう気を付けましょう。

 5月には、親鸞しんらんさまの誕生日「降誕会ごうたんえ」もあります。
 親鸞さまは、比叡山延暦寺ひえいざんえんりゃくじでの「戒律のための戒律」「修行のための修行」にあけくれる生活に疑問を感じ、もがき苦しんだあと、とうとうそれを否定して比叡山を飛び出しました。
 その後は、ご自分の作った和歌のごとく「身をにして」生涯しょうがい奮闘努力されたのでした。享年きょうねんは九十(数え年)。その健康管理には、我々現代人も多いに学ぶべきものがあります。

 さあ、お楽しみのゴールデン・ウイークがやって来ました。学校の生徒のように春休みも夏休みも無い保育園児たちも、この時ばかりは、まとめて休めます。
 なかなか体調の維持が難しい季節でもあります。先月18日(水)は当園でボイラーをつけるほど肌寒かったのに、3日後の21日(土)は夏日になってしまいました。体が慣れきっていないのか、特に0、1、2歳児で、鼻水の出ている子どもは今もいます。
 せっかくの黄金週間です。充実して過ごせるよう、また、遊び過ぎでその後ダウンすることも無いよう、ともに努めましょう。

(『園だより』H30=2018年5月号を基に一部改変)