12月の徳目「忍辱持久(にんにくじきゅう)」

 今月には、およそ2500年前の12月8日、お釋迦しゃかさまがお悟りを開いた成道会じょうどうえをお祝いする生活発表会があり、子どもたちは、連日、遊びを楽しんだり、練習に励んだりしています。

 さて、お悟りの内容の中には「四苦八苦」や「一切皆苦」もあります。

 先月、職場体験の中学生たちが務めを終えて帰る時、彼らに言葉をおくりました。

 「これからの人生では必ず苦しい時がやって来る。その時、『人生は苦しいもの』ということを知っていれば、(苦しいものは苦しいが)、『なぜこんな目に遭うんだ』という疑問は節約できる。悪あがきをせず、冷静に耐え忍んでいけば、やがて必ず出口は見えてくる」と。

 お釋迦さまでさえ、随分と悩みました。
 お悟りを開いた後でさえ、悩んだのです。
 「この素晴らしい悟りの内容を、人々に伝えてよいものか。彼らは理解できず、かえって、混乱してしまうのではないのか」と。
 そう。全てを悟ってしまったゆえ、人間が愚かであることも悟ってしまったのです!
 結局、四十九日しじゅうくにち後、宇宙の原理である梵天ぼんてんさまが現れ、その勧めを受けて、「よしっ!」と菩提樹の下の座から立ち上がり、説法を始めました。

 40年くらい前でしたか、大変話題になったテレビ・コマーシャルに、作家の野坂昭如さんが、ウイスキーの瓶とグラスを手に、踊りながら歌う歌がありました。

♪ ソ・ソ・ソクラテスか プラトンか。
  二・二・ニーチェか サルトルか。
  みんな悩んで大きくなった。
  (大きいわ、大物よ。)
  俺もお前も 大物だ! ♪

 今年も、皆さんそれぞれ色々なことがあったと思います。
 平成最後の年末年始を、どうぞ憩うてください。

 ※ CMソング『みんな悩んで大きくなった』は、下記他を参照
   https://www.youtube.com/watch?v=SwzQkt56T6Y

(『園だより』平成30=2018年12月号を基に改編)