5月の徳目「持戒和合」(決まりを守り、集団生活を楽しもう)

 およそ200年ぶりという先代陛下ご健在中の天皇陛下交代がなされました。
 超大型連休は、皆さん、いかがお過ごしでしたか。

 今月の徳目は「持戒和合」です。
 ただ、「持戒」(決まりを守る)はあくまでも「和合」(みんな仲良くする)のための手段です。
 この一線を忘れ、「決まりのための決まり」になってしまうと、子どもは萎縮いしゅくし、消極的になり、結局「持戒」も「和合」も達成されません。

 今月は、親鸞しんらんさまの誕生日「降誕会ごうたんえ」があります。
 親鸞さまは、「持戒のための持戒」が当然とされる当時の比叡山延暦寺ひえいざんえんりゃくじにあって、さんざん悩み、19歳の時には夢で死のお告げを受けるほど追い込まれましたが、なおも、もがき苦しむ中から、10年後、とうとう法然ほうねん先生のもとで「そうではない」と生まれ変わることができたのでした。

 私たちは、子どもたちには幸せになってほしいと願っています。もし、一人の人が決まりごとの守れない人になってしまったら、本当に不幸なことです。
 子どもがルールを守れた時は、「すごいねえ」「できたねえ」「ママ(パパ)うれしいな」と褒めて、その芽をがさず、引き続き伸ばす方向に持っていきましょう。

 当園の名にも新元号にも今月の徳目にも、「和」が入っています。
 みんなでなごみ」の心をもって、楽しみながら、ルールを学び、更に明るい未来へ向かって歩んでいきましょう。

(『園だより』令和1=2019年5月号を基に微修正)