11月の徳目「精進努力」(最後までやりとげよう)

 11月には、親鸞しんらんさまに感謝するつどい「報恩講ほうおんこう」が浄土真宗系の各寺院・各保育園幼稚園で勤められます。

 親鸞さまは、師匠法然ほうねんさまより、「人はみな愚かだ。そんな我々でもほとけさまは見捨てない」という教えを受け継ぎました。
 確かに、人はみな失敗を繰り返す生き物です。
 弱いからこそ助け合わねばならないのに、愚かだからこそ、反対に傷つけあったりします。

 実りの秋の代表的食品に、があります。
 栗はおいしい食品です。
 でも、「いが」のついたまま、いきなり相手に手渡したら、相手は「何と意地悪な!」と思うでしょう。
 
そして、二人の間でトラブルが生まれ、結局、「栗の授受」という本来の目的は、達成されません。

 しかし、言う側・言われる側ともに「栗」という内側を見失わず、「いが」という外側に気をつけ、
 「お互い同じ人間ではないか。少なくともほとけさまではない」
 と鷹揚おうような気持ちを持てば、世の中からもめごとはもっと減るのではないでしょうか。

 今年も運動会は園児・保護者の皆さま・職員の尽力により無事に終わりました。
 11月には大きな行事は無いですが、行事も日ごろの地道な「精進努力」の成果です。
 父母懇談会では「園では、きちんと座って、全部食べているんですか」と驚き、喜ぶ親御さんの姿が見られました。
 年長児は、散歩で年少児と手をつなぐ時、自分から気がついて車道しゃどう側を歩きます。
 子どもたちは、日々努めています。
 ご家庭でも、子どもたちが今までに出来ないことが出来ているのを見つけたら、
 「すごいね!」「できたね!」「ママも(パパも)嬉しいよ」
 
と喜びを分かちあってください。
 そのやり取りは、親子双方を更に楽しく幸せに成長させてくれることでしょう。

(『園だより』令和1=2019年11月号を基に改編)

10月の徳目「同事協力」(お互いに助け合おう)

 秋分の日の連休では、雨の予報が幸いにも外れ、旭通り商店会でのお祭りでは神輿みこし山車だしも濡れることなく、また應善寺のお彼岸では台風17号をかいくぐって島根からやってきた講師の女性住職(当園創立者松岡まつおか義雄よしおの弟の孫。つまり私の「はとこ」)が到着し、ともに無事行なわれました。

 保育園では、夏が終わってから早一ヶ月が経ち、子どもたちは、年度途中から入った子もそう見えないほど、みんなすっかり園生活に慣れ、楽しんだり学んだりしています。

 赤ちゃんの行動を見ていると、生後2,3ヶ月くらいから盛んに「顔上げ」をします。
 ついで、寝返り(および寝返りによる移動)、はいはい、つかまり立ち、伝い歩き、一人立ち、歩き、小走り(いや、「走り」ですね。「小走り」というのは大人にそう見えるだけで、おそらく本人は全力疾走です)…と大人から言われるまでもなく、自分からいろいろな運動をします。
 赤ちゃんはこれらの時、例えば、はいはいでどこかに向かっているのかと思いきや、突然、止まったり反転したりします。
 目的地に移動するというより、何か体を動かすこと自体を楽しんでいるようです。
 私はここにスポーツの原点を見る思いがします。

 当園は、今年度も国立三小様から校庭と体育館をお借りし、地域の皆さんのご理解も得て、運動会を行ないます。

 保育園で大切なのは、もちろん、日常保育ですが、それと同じ線上にありながら日常とは違う娯楽性も味わえるのが、運動会です。
 どうぞ、「みんなで力を合わせて楽しむ運動会」をお楽しみください。

(『園だより』令和1=2019年10月号を基に改編)