2月の徳目「禅定静寂」(良く考え、落ち着いた暮らしをしよう)

 今月には、「節分」があります。
 当園の節分では、鬼に豆をぶつけません。鬼も子どもたちを脅かしません。
 そもそも、「人か鬼か」「自分か他人か」ということは、絶対的に分けられるものではないのです。
 「鬼はどこにいるか?」と問われれば、「みんなそれぞれの心の中にいる」というのが答です。
 ですから、外に敵役かたきやくを想定して、それに豆を投げつけても意味は無いのです。それどころか、鬼役の人に豆をぶつけることに、もし快感でも覚えるようなことがあったら、それこそ自分の中に、「鬼の心」が目覚めることになってしまいます。
 (私の以前の文章:『鬼か、人か。「節分」を前に阿弖流爲あてるい母禮もれの碑を思い出す』もお読みください)。

 もう一つ、2月には、涅槃会ねはんえもあります。
 ただ、その前に、『子らを思ふ歌』のことを少し述べさせてください。
 最近、テレビの子ども番組『にほんごであそぼ』で、全盲の音楽家 木下航志きしたこうしさんがソウル音楽にして弾き歌いした万葉歌人 山上憶良やまのうえのおくら 『子らを思ふ歌』を聞いて感動したのです。

 「いづくより来たりしものぞ(可愛い子どもは、一体どこから来たものなのだろう)」
 「しろがねくがねも玉も何せむに まされる宝 子にしかめやも(金銀宝石も何だというのだろう。子どもにまさる宝物は無いのだから)」

 人形を制作することはできますが、人間を制作することはできません。
 本当に子どもというのはどこから来たのでしょうかほとけさまより与えられたとしか考えられません。
 思えば、配偶者も、更には、この性格や肉体を持った自分も、佛さまから一方的に与えられたものなのではないでしょうか。

 子どもも配偶者も自分も、しばしば理想とはかけ離れ、それを実感する時、人は苦しみます。
 釈迦しゃかさまは、「一切皆苦」「四苦八苦」と説かれました。

 一方、亡くなる時には(=涅槃会)
 「甘美な人生だった」
 と語られたそうです。
 みんな、必ずやって来る「その時」に、こういうふうに語れたらどんなに素晴らしいことでしょう。
 「その子の人生が幸せになってほしい」
 保育の原点も、ここにあります。

 自分の心の中の「鬼」を外に追い出すのは、秋に落ち葉を掃くようなものです。掃いてもすぐに次の葉が落ちてきます。でも、掃けば、そのぶん、確実に道はきれいになります。
 良く考え、落ち着いた暮らしの中から、心の「鬼」を退治していきましょう。

※ 木下航志 『子らを思ふ歌』は、ネット上で見つけられませんでしたが、この歌の作曲者が歌っているものは見つかりました。

 うなりやベベン『子らを思ふ歌 』

 『子らを思ふ歌 』歌詞(原文)と意味(現代語訳)1例
 
 もう一例(いづくより来たりしものぞ、の部分を含む)
 
 もう一例(しろがねも、くがねも玉も、の部分)

(『園だより』令和2=2020年2月号を基に作成)

1月の徳目「和顔愛語」(明るい笑顔と優しい言葉で人に接しよう)

 あけましておめでとうございます。
 今月は、「令和」最初のお正月。元号が変わっても徳目は変わらず、和顔愛語わげんあいごです。

 子どもたちというのは、本当に可愛い存在です。
 可愛いからこそ、彼らが大人になった時には、人を愛し、愛される人になってほしいのです。
 それには、私たち大人が、まず、彼らを愛することでしょう。
 愛情の中で育った子は、明るい笑顔が出やすいです。

 そして、もう一つ大事なのが、挨拶を含む優しい言葉です。
 この二つは、その子が、人を愛し、人から愛されるような人になるのを助けます。

 子どもと大人の関係は、一見、大人による片思いのようですが、実は、子どもたちも、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、先生を大好きなんです。
 私たちは、自信をもってこの「大好き」を受け止め、笑顔を笑顔で返しましょう。

 お雑煮には、餅、いも、鶏肉、小松菜、かまぼこ、海老などなど色々な具があって、料理を成しているように、保育園も色々な子、人がいて、成り立っています。
 これを「和」と言います。
 える」「和音」「調和」など、「和」の言葉は、みな複数の物が組み合わさることを指しています。
 子どもも大人も個性の存在です。
 それぞれ違った力 合わせて、みんな頑張れ、子どもたち、親御さんたち、先生たち
(『機関車トーマス』の替え歌)。
 今年もよろしくお願いいたします。

(『園だより』令和2=2020年1月号を基に作成)

12月の徳目「忍辱持久」(つらい時が来ても、逃げることなく受け止めていこう)

 私たち大人の生活はストレスだらけですが、子どももまたしかりです。

 「赤ちゃん、赤ちゃん、どうして泣くの? だって赤ちゃんだから」
 (作詞:奥田継夫 作曲:乾裕樹『あかちゃん』)
 という歌もあるように、0歳児はよく泣き、その環境の中で奮闘しています。
 1歳児で、同級生にブロックを取られ、泣きながらも「返して!」と言えるようになった子もいます。もっと大きい子でも、泣いたり、立ち直ったりを日々繰り返しています。
 みんな忍辱持久にんにくじきゅうの中で成長しています。

 彼らには、これからも、いろいろつらい時がやって来ることでしょう。
 そんな彼らのために、我々大人にできることと言えば、今のうちから日々、たっぷりと愛情を注ぎこみ続けることではないでしょうか。
 自分は愛され、信頼されて育ってきたという実感があれば、それはその子にとって、必ずや大きなバックボーンになります。

 先日(令和元年11月19日)、特別支援教育で著名な星山麻木先生のお話を国立市内でお聞きする機会がありました。
 講演内容を私なりにまとめさせていただくと、
 「対象の子を勝手に『普通』という枠にめこもうとし、それから外れたら怒る、という行為は無意味である。その子の長所を『突きぬきさせる』よう、私たち大人が考え、取り組むことが肝要である。それには、先ず、思いやり、優しさ、暖かさ、仲間意識である。その子を『変えよう』などとしなくてもよい」
 というものでした。

 私は、お話を聞いていて、親鸞しんらんさまの『正信偈しょうしんげ』に出てくる
 「煩悩ぼんのうを断たずして、涅槃ねはんを得る(涅槃を得るという良い結果があるのなら、煩悩を断ち切ろうなどとしなくてもよいではないか)」
 というお釋迦しゃかさまの言葉を思い出しました。

 今からおよそ2500年前の12月8日、お釋迦さまが佛道ぶつどう成就じょうじゅされて(=成道会じょうどうえ佛教ぶっきょうが始まりました。そして、数々の寺院が建てられ、應善寺おうぜんじも生まれ、和光保育園も創られたのです。そのため、我々はここにこうして集うことが出来るのです。
 成道会は感謝と祝福の日です。みんなで成道会生活発表会を楽しみましょう。

(『園だより』令和1=2019年12月号を基に改編)

11月の徳目「精進努力」(最後までやりとげよう)

 11月には、親鸞しんらんさまに感謝するつどい「報恩講ほうおんこう」が浄土真宗系の各寺院・各保育園幼稚園で勤められます。

 親鸞さまは、師匠法然ほうねんさまより、「人はみな愚かだ。そんな我々でもほとけさまは見捨てない」という教えを受け継ぎました。
 確かに、人はみな失敗を繰り返す生き物です。
 弱いからこそ助け合わねばならないのに、愚かだからこそ、反対に傷つけあったりします。

 実りの秋の代表的食品に、があります。
 栗はおいしい食品です。
 でも、「いが」のついたまま、いきなり相手に手渡したら、相手は「何と意地悪な!」と思うでしょう。
 
そして、二人の間でトラブルが生まれ、結局、「栗の授受」という本来の目的は、達成されません。

 しかし、言う側・言われる側ともに「栗」という内側を見失わず、「いが」という外側に気をつけ、
 「お互い同じ人間ではないか。少なくともほとけさまではない」
 と鷹揚おうような気持ちを持てば、世の中からもめごとはもっと減るのではないでしょうか。

 今年も運動会は園児・保護者の皆さま・職員の尽力により無事に終わりました。
 11月には大きな行事は無いですが、行事も日ごろの地道な「精進努力」の成果です。
 父母懇談会では「園では、きちんと座って、全部食べているんですか」と驚き、喜ぶ親御さんの姿が見られました。
 年長児は、散歩で年少児と手をつなぐ時、自分から気がついて車道しゃどう側を歩きます。
 子どもたちは、日々努めています。
 ご家庭でも、子どもたちが今までに出来ないことが出来ているのを見つけたら、
 「すごいね!」「できたね!」「ママも(パパも)嬉しいよ」
 
と喜びを分かちあってください。
 そのやり取りは、親子双方を更に楽しく幸せに成長させてくれることでしょう。

(『園だより』令和1=2019年11月号を基に改編)

10月の徳目「同事協力」(お互いに助け合おう)

 秋分の日の連休では、雨の予報が幸いにも外れ、旭通り商店会でのお祭りでは神輿みこし山車だしも濡れることなく、また應善寺のお彼岸では台風17号をかいくぐって島根からやってきた講師の女性住職(当園創立者松岡まつおか義雄よしおの弟の孫。つまり私の「はとこ」)が到着し、ともに無事行なわれました。

 保育園では、夏が終わってから早一ヶ月が経ち、子どもたちは、年度途中から入った子もそう見えないほど、みんなすっかり園生活に慣れ、楽しんだり学んだりしています。

 赤ちゃんの行動を見ていると、生後2,3ヶ月くらいから盛んに「顔上げ」をします。
 ついで、寝返り(および寝返りによる移動)、はいはい、つかまり立ち、伝い歩き、一人立ち、歩き、小走り(いや、「走り」ですね。「小走り」というのは大人にそう見えるだけで、おそらく本人は全力疾走です)…と大人から言われるまでもなく、自分からいろいろな運動をします。
 赤ちゃんはこれらの時、例えば、はいはいでどこかに向かっているのかと思いきや、突然、止まったり反転したりします。
 目的地に移動するというより、何か体を動かすこと自体を楽しんでいるようです。
 私はここにスポーツの原点を見る思いがします。

 当園は、今年度も国立三小様から校庭と体育館をお借りし、地域の皆さんのご理解も得て、運動会を行ないます。

 保育園で大切なのは、もちろん、日常保育ですが、それと同じ線上にありながら日常とは違う娯楽性も味わえるのが、運動会です。
 どうぞ、「みんなで力を合わせて楽しむ運動会」をお楽しみください。

(『園だより』令和1=2019年10月号を基に改編)

9月の徳目「報恩感謝」(社会や自然の恵みに感謝しよう)

 7月は記録的な日照不足、8月は猛暑という今夏でしたが、子どもたちは健やかに成長し、なんで歌う0歳児や、合同保育で年少児に遊びを教える年長児の姿等が見られました。

 今月の徳目は「報恩感謝」です。
 人は一人では生きて行かれません。
 自然の恵みやたくさんの他の人のおかげで、みな生命や生存が成り立っているのです。

 同じく日々生きるにも、このことを意識しないのと、例えば、
「樹木は、酷暑にも子どもたちに日陰を作ってくれる」
「園庭のかまきりは、子どもたちに驚きを提供してくれる」
など、感謝のねたを一つ一つ見つけながら過ごすのとでは、心の明るさ、人とのかかわり方が大きく変わってくると思います。

 この夏には、京都アニメーション放火事件を極点に色々な事件がありました。
 子どもたちを未来の加害者にも被害者にもしない。
 
これが私の基本的な考えです。
 恩に感謝できる人は真の人生の勝ち組です。その陰には敵も敗者もいません。
 今学期もよろしくお願いいたします。

(『園だより』令和1=2019年9月号を基に改編)

7月の徳目「布施奉仕」(だれにでも親切にしよう)、8月の徳目「自利利他」(人のためにも自分のためにもなることをしよう)

 4月の「合掌聞法」(手を合わせて感謝し、お話をよく聞こう)は、先ずは自分が新しい環境になじんでいこうという徳目ですが、園生活にだいぶ慣れてきた今、今度は、積極的に世の中に尽くそうというのが徳目になってきます。
 「布施奉仕」から私が連想したのは、去年(2018年)の今ごろ、タイで洞窟に閉じ込められた少年たちを救おうとボランティアたちが活動していた時、ダイバーの一人が命を落としたことです。
 その後、あの場所には、そのダイバー サマン・クナンさんの銅像が建てられ、今年(2019年)6月24日には像の前で、少年たちほか多くの人が追悼法要に参加したそうです。
 一方、 「自利利他」からは、間もなく新札の肖像画となる予定の渋沢栄一しぶさわえいいちが思い浮かびました。
 国立市とは、一橋大学の創立者、滝乃川学園の元理事長という点でご縁のある渋沢栄一は、「本当の利益というものは、道義にかなったところから生まれる」という思想を持っていて、「義利合一」「経済道徳説」「論語と算盤」といった言葉を残しています。

 人には、幸いに「他の人たちの役に立ちたい」という本能があります。
 子どものお手伝い活動でも、できるだけ「~~しなさい」という命令文は避けたいものです。
 それより、「~~してくれて助かったよ。有り難う!」と言った方が、無理なく奉仕の行ないがなされ、また定着するのではないでしょうか。

 お盆では、他人に尽くさなかった目連さま母子が地獄の苦しみを味わい、しかし、お釋迦しゃかさまの導きで他人への感謝にめざめ、救われたお話をします(紙芝居、諸橋精光おぼん、もくれんさんのおはなし鈴木出版を使用)。

 平和の日の集いでは、人間の我欲が膨張して戦争という最悪の事態を招いてしまったことを考えます(題材には、元テレビ番組で後に本になった、NHK出版『証言記録兵士たちの戦争3』回天特別攻撃隊 人間魚雷 悲劇の作戦を使用)。

 夏は、葉が茂り、花が咲き、太陽が輝き、それだけでも嬉しくなる季節です。
 せっかくの夏、安全や健康に気をつけて思いっきり楽しみましょう。

少年たちの救出活動中に落命したサマン・クナンさんの像:
https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201911/CK2019111102000082.html

「人間魚雷 回天」のNHKの番組の紹介サイト:https://www2.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001210026_00000

(『園だより』令和1=2019年7,8月合併号を基に改編)

6月の徳目「生命尊重」(命を大切にしよう)

 先月、大津で痛ましい交通事故があって以来(令和1年5月8日)、
 「子どもは弱者だ、いたわろう」
 
という風潮が高まっているようで、それは良いことですが、見落とされがちなのは、
 「子どもたちも将来、ハンドルを握る側になる」
 
ということです。

 当園のランニング・コースでは、乳児でも逆走はしないことになっています。また、乳児も含め園児が、人形をでて寝かしつけたりしている場面もよく見かけられます。
 こういう決まりを守ったり、小さい者を可愛がったり、という心が身にしみついていけば、その子が大人になった時、緊急な事態に出会うようなことがあっても、心と体に「減速」モードが働くようになるのではないでしょうか。

 私たち大人も、今さらと思われるかもしれませんが、子どもたちとはよく会話をして、子どもを「可愛い!」と思う心を踏み固めましょう。
 私は、整髪して毛の無い部分を隠して子どもの前に行った時、「園長先生、毛が生えたね!」とある子から言われたことがあります。大人は子どもを助け、いやす存在ではありますが、大人もまた子どもから助けられたり、癒されたりすることは多いですね。
 人間は、本当にお互いにかかわって生きています。

 最後になりましたが、今月には保育園の創立記念日があります(創立:昭和29=1954年)。
 先人の方々や皆さまのおかげで当園は存続してきました。
 引き続きご支援ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

(『園だより』令和1=2019年6月号を基に微修正)

5月の徳目「持戒和合」(決まりを守り、集団生活を楽しもう)

 およそ200年ぶりという先代陛下ご健在中の天皇陛下交代がなされました。
 超大型連休は、皆さん、いかがお過ごしでしたか。

 今月の徳目は「持戒和合」です。
 ただ、「持戒」(決まりを守る)はあくまでも「和合」(みんな仲良くする)のための手段です。
 この一線を忘れ、「決まりのための決まり」になってしまうと、子どもは萎縮いしゅくし、消極的になり、結局「持戒」も「和合」も達成されません。

 今月は、親鸞しんらんさまの誕生日「降誕会ごうたんえ」があります。
 親鸞さまは、「持戒のための持戒」が当然とされる当時の比叡山延暦寺ひえいざんえんりゃくじにあって、さんざん悩み、19歳の時には夢で死のお告げを受けるほど追い込まれましたが、なおも、もがき苦しむ中から、10年後、とうとう法然ほうねん先生のもとで「そうではない」と生まれ変わることができたのでした。

 私たちは、子どもたちには幸せになってほしいと願っています。もし、一人の人が決まりごとの守れない人になってしまったら、本当に不幸なことです。
 子どもがルールを守れた時は、「すごいねえ」「できたねえ」「ママ(パパ)うれしいな」と褒めて、その芽をがさず、引き続き伸ばす方向に持っていきましょう。

 当園の名にも新元号にも今月の徳目にも、「和」が入っています。
 みんなでなごみ」の心をもって、楽しみながら、ルールを学び、更に明るい未来へ向かって歩んでいきましょう。

(『園だより』令和1=2019年5月号を基に微修正)

4月の徳目「合掌聞法」(手を合せて感謝し、お話をよく聞こう)

 ご進級・ご入園、おめでとうございます。今までのお友だちに加え、新たなお友だちも入り、ともに新学期を迎えることができ、とてもうれしく思います。

 和光保育園は、昭和29(1954)年の4月8日「花祭り」の日に、私の祖父、應善寺先代住職=松岡義雄と、祖母、先々代園長=松岡きくによって創設されました。
 以来、今日まで、現・元保護者、園児、寺院、職員、理事、行政(及び納税者としての国民)、地域、業者その他数多くの方々によって育てられてまいりました。

 「和光」という名は、
 和光同塵わこうどうじん」(光をやわらげ、ちりに同じくす)
 つまり「自分だけ偉いと思う傲慢さ(光)をぎらつかせず、みんなとともに、塵のようなこの世の中で生きていこう」
 という言葉から来ています。
 今月の徳目合掌聞法がっしょうもんぼう」(たなごころを合わせて、法を聞く)とも通じる謙虚さがあります。

 話を聞いてもらうには、先ず、話を聞いてあげることです。
 子どもが「ねえ、見て見て!」「この前〇〇したんだよ!」と言ってきた時、大人が「本当!」「すごいねえ!」と肯定するところから、子どもは人を信頼し、人の話を聞くようになっていくのではないでしょうか。
 子どもたちには幸せな人生を送ってほしい。そのためにどうするか考え、実行するのが大人の役割だと思います。
 園児たちがみんな仲良く、安心でき、物事に没頭し、いろいろなことができるようになり、またほっとできる時間を過ごす。保育園とはそういうところだと思っております。
 今年度もよろしくお願い申し上げます。

(『園だより』平成31=2019年4月号の文章を基に改編)