7月12日(金)の給食とおやつ

 

7月12日(金)給食

7月12日(金)おやつ

 

7月12日(金)アレルギー対応おやつ

≪給食≫ ・ゆかりご飯 ・味噌汁 ・いわしの甘露煮 ・揚げなすとオクラのおかかあえ ・切り干し大根の煮物 ・フルーツ(すいか)

≪おやつ≫ ・牛乳(アレルギー対応は豆乳) ・人参入りホットケーキ(アレルギー対応は人参入りホットケーキはちみつレモンソースかけ)

本日の「いわしの甘露煮」は、骨まで柔らかくしており、子どもでも食べやすくなっています。ご飯によく合い、栄養素も豊富です。

おやつの「人参入りホットケーキ」は、すりおろした人参を入れることでよりふっくらと焼き上げることができ、にんじんの香りや味もほぼなく食べやすいメニューです。

7月11日(木)の給食とおやつ

7月11日(木)給食

7月11日(木)おやつ

7月11日(木)アレルギー対応給食

 

≪給食≫ ・レーズンパン ・かぼちゃスープ(アレルギー対応は豆乳かぼちゃスープ) ・鶏の照り焼き ・温野菜(ブロッコリー) ・パスタのケチャップ炒め ・フルーツ(メロン)

≪おやつ≫ ・番茶 ・鮭おにぎり

本日のおやつは「鮭おにぎり」でした。すみれ組さんは、調理保育で自分の分のおにぎりを握りました。上手に鮭を中に入れ、にぎる様子が見られました。

乳児さんのおにぎりは、食べやすいように混ぜご飯にし、俵型にしました。

7月5日(金)「七夕まつり」の給食とおやつ

7月5日(金)「七夕まつり」給食

7月5日(金)「七夕まつり」おやつ

 

7月5日(金)「七夕まつり」アレルギー対応おやつ

≪給食≫ ・七夕寿司 ・天の川スープ ・天ぷら(かぼちゃと海老) ・モロヘイヤのごまあえ ・とうがんと豚肉の炒り煮 ・フルーツ(すいか)

≪おやつ≫ ・牛乳(アレルギー対応は豆乳) ・フルーツゼリー ・塩ゆで枝豆

本日は「七夕のお祝いメニュー」です。笹と短冊に見立てて、野菜を飾り付けた「七夕寿司」に、天の川をイメージした「天の川スープ」です。子どもたちはうれしそうに食べていました。

おやつには、色鮮やかで涼しげな「フルーツゼリー」を食べました。

7月の徳目「布施奉仕」(誰にでも親切にしよう)

今月の徳目は「布施(ふせ)奉仕(ほうし)」(誰にでも親切にしよう)です。「布施」は、「布」も「施」もどちらも「ひろめ、ほどこす」という意味になります。一方「奉仕」は、日常生活において自己の利益を追求せずに、他者に対して思いやりや社会貢献の精神を具現化する行為として広く世間に認識されています。このことからも「奉仕」が人間社会において重要な要素であることがわかります。また「奉仕」は人が嫌がることも自ら率先して汗を流す、無償の勤労のこころでもあります。

「布施奉仕」のこころとは、見返りを求めたり期待したりする行動ではなく、周りの人に喜びを与える気持ちをもつことであるといえます。このことからも「布施奉仕」は「誰にでも親切にしよう。」という目標になります。

幼児にとって、誰にでも親切にすることは非常に努力が必要です。幼児期は自分の気持ちや欲求を正面から相手に投げかけるのが自然なのですから、自己中心の考えが普通です。それが、相手の気持ちを考えられるようになるようになるということはその子にとってとても大きな成長になると考えられます。相手のことを考えられるようになってくると次第に友達のために力を貸すような気持ちも育ち始めます。人に親切にされた時のうれしさや、人に親切にすることのうれしさに気付けるように大人としても子どもたちに関わっていくことが大事なのではないでしょうか。(月刊佛教保育カリキュラム・佛教保育なるほど12ケ月 参照)                                           文責;園長 白井 千晴

今日は七夕集会です。短冊に、「誰にでも親切にできるようになりたい。」と願い事を書きました。

7月2日(火)の給食とおやつ

7月2日(火)給食

7月2日(火)おやつ

7月2日(火)アレルギー対応給食

7月2日(火)アレルギー対応おやつ

≪給食≫ ・マーガリンパン(アレルギー対応は黒砂糖食パン) ・春雨スープ ・あじのカレー風味揚げ ・温野菜(ブロッコリー) ・じゃがいものソテー ・フルーツ(すいか)

≪おやつ≫ ・牛乳(アレルギー対応は豆乳) ・コーンピラフ

本日のじゃがいものソテーは、すみれ組さんが掘ってきたじゃがいもを使用しました。

じゃがいもには、ビタミンやカリウムが豊富で免疫向上や健康な骨を維持する助けをしてくれます。また、ビタミンB1 を一緒に取ることで疲労回復の効果もあります。

6月28日(金)の給食とおやつ

6月28日(金)給食

6月28日(金)おやつ

 

6月28日(金)アレルギー対応おやつ

≪給食≫ ・しらす入りご飯 ・味噌汁 ・そら豆ととうもろこしのコロッケ ・大根と豚肉の炒り煮 ・磯辺あえ ・フルーツ(メロン)

≪おやつ≫ ・牛乳(アレルギー対応は豆乳) ・きな粉豆乳蒸しパン

本日の「そら豆ととうもろこしのコロッケ」のそら豆は幼児クラスの子どもたちがさやむきと、薄皮むきをしてくれました。指先を上手に使い、集中しながら薄皮をむいていました。

食材に触れ、料理となって出てくると嬉しそうにみんな食べていました。

指先運動にもなり、また食べる意欲へとつながるので、日々の活動として取り入れています。

 

6月24日(月)の給食とおやつ

6月24日(月)給食

6月24日(月)おやつ

 

6月24日(月)アレルギー対応おやつ

≪給食≫ ・麦ご飯 ・すまし汁 ・あじのごま焼き ・おかかあえ ・なすの味噌炒め ・フルーツ(国産柑橘;デコポン)

≪おやつ≫ ・牛乳(アレルギー対応は豆乳) ・かぼちゃとレーズンの包み揚げ

本日は、「モロヘイヤ」「なす」旬の食材を取り入れた献立です。

おやつの「かぼちゃとレーズンの包み揚げ」は、かぼちゃをつぶし、なめらかにしてからワンタンの皮で包み揚げています。かぼちゃ本来の甘みとレーズンの甘酸っぱさが感じられるおやつです。

6月21日(金)「誕生日会」の給食とおやつ

 

6月21日(金)「お誕生日会」ごちそう給食

6月21日(金)「お誕生日会」おやつ

6月21日(金)「お誕生日会」乳児給食

6月21日(金)「お誕生日会」乳児とアレルギー対応おやつ

≪給食≫ ・わかめご飯 ・ヒレカツ(乳児は豚ヒレ肉のソテー) ・付け合わせ(トマト、キャベツ) ・ポテトサラダ ・塩ゆでそら豆 ・フルーツ(スイカ)

≪おやつ≫ ・牛乳(アレルギー対応は豆乳) ・ヨーグルトのムース(アレルギー対応乳児は、豆乳花) ・するめ(乳児は食べる煮干し)

ほんじつは「お誕生日会」メニューです。食べ応えのある「ヒレカツ」に華やかな色合いの「ポテトサラダ」です。乳児は、食べやすいように塩麹に漬けて焼いた「豚ヒレ肉のソテー」です。とても軟らかく仕上がりました。

おやつは、レモンやブルーベリーでさっぱりした味の「ヨーグルトムース」と「するめ」です。こちらも乳児は食べやすいように「豆乳花」「食べる煮干し」にしています。

 

6月19日(水)の給食とおやつ

6月19日(水)給食

6月19日(水)おやつ

 

6月19日(水)アレルギー対応おやつ

≪給食≫ ・きつねうどん ・いかの照り焼き ・そら豆の天ぷら ・じゃこ入り酢の物 ・フルーツ(国産柑橘;デコポン)

≪おやつ≫ ・牛乳(アレルギー対応は豆乳) ・メロンパン(アレルギー対応はバター・卵抜きメロンパン)

本日の給食は、「きつねうどん」と旬のそら豆を重ねて天ぷらにしました。甘辛く煮たおあげがうどんとよく合いました。

おやつにはメロン果汁を入れた「手作りメロンパン」です。サクサク、ふんわりに焼き上がり子どももよく食べていました。

6月の徳目「生命尊重」

 今月の徳目は「生命尊重」(集団生活を楽しもう)です。

自分の命の大切さはもとより、あらゆる生き物の命を大切にすること、さらに生き物以外のものにも命が宿ることを学ぶことで幼児の心の成長の基礎となります。

動植物に関心を持つ季節でもあり、探求心を大切にするとともに、生物へのいたわりの心を育てます。園でも、ミニトマト、ナス、キュウリや枝豆の栽培を行っています。市内の農園に行ってじゃがいも掘りも行います。園庭にはありやゾウリムシなども数多くいて子どもたちも毎日楽しく戯れています。

 そしてさらに大切なことが「食育」です。食事の前に手を合わせて「いただきます。」「ごちそうさまでした。」を言いますが、これは我々日本人だけが行っているあいさつです。

 「いただきます。」は、食事を作ってくださった方に「感謝」する意味とともに、食材に「あなたの命をいただきます。」という意味もあります。他の命をいただくことで人間は自分の体を維持し成長させているということにも気づかせていきます。

「ごちそうさまでした。」も食事を作ってくださった方、育ててくれた方、運んできてくれた方等食材に関わった多くの方への感謝の言葉です。ここでも仏教の教えの一つである「人は一人では生きていけない。」を学ぶことができます。

身近な当たり前のことの中から「生命尊重」を学んでいけるひと月にしていきます。

文責;園長 白井 千晴

ミニトマトを育てています

じゃがいも掘りに行ってきました